カテゴリー: Keras

Kerasで複数のラベル(出力)があるモデルを訓練する

13.3k{icon} {views} Kerasで複数のラベル(出力)のあるモデルを訓練することを考えます。ここでの複数のラベルとは、あるラベルとそれに付随する情報が送られてきて、それを同時に損失関数で計算する例です。 […]...

Kerasで評価関数にF1スコアを使う方法

7.1k{icon} {views} Kerasで訓練中の評価関数(metrics)にF1スコアを使う方法を紹介します。Kerasのmetricsに直接F1スコアの関数を入れると、バッチ間の平均計算により、調和平均である […]...

Kerasで損失関数に複数の変数を渡す方法

5.5k{icon} {views} Kerasで少し複雑なモデルを訓練させるときに、損失関数にy_true, y_pred以外の値を渡したいときがあります。クラスのインスタンス変数などでキャッシュさせることなく、ダイレ […]...

KerasでSTL-10を扱う方法

2.4k{icon} {views} スタンフォード大学が公開している画像データセットに「STL-10」というのがあります。これはCIFAR-10に似た形式ながら、高画質かつ教師なし学習にも応用できる便利なデータです。P […]...