タグ: Keras

KerasのLearningRateSchedulerとPyTorchのLambdaLRの微妙な違い

3.1k{icon} {views} 学習率の調整は大事です。エポック後に学習率を減衰させる際、現在のエポックを引数として更新後の学習率を返す関数を与えると便利なことが多いです。この操作はKeras,PyTorchどちら […]...

PyTorchで行列(テンソル)積としてConv2dを使う

1.9k{icon} {views} PyTorchではmatmulの挙動が特殊なので、思った通りにテンソル積が取れないことがあります。この記事では、基本的な畳み込み演算である「Conv2D」を使い、Numpyのドット積 […]...

TPUでも大きなバッチサイズに対して精度を出す

2.4k{icon} {views} TPUでは大きなバッチサイズを適用することが訓練の高速化につながりますが、これは精度と引き換えになることがあります。大きなバッチサイズでも精度を出す方法を論文をもとに調べてみました。 […]...