月別: 2019年2月

PythonのDict/OrderedDictの環境依存について

PythonのDictionaryは順番が保証されません。なので、Dictionaryの順番を意識したいときは「OrderedDict」を使うというのが教科書的な解決方法でした。しかし、Python3.7(言語仕様化され […]...

note開設のお知らせ

本日noteを開設いたしました。 https://note.mu/koshian2 これは自分の記事をより多くの方々に読んでいただき、新たな読者の開拓を図るためであります。 当面は既存の記事の再送を中心に考えていますが、 […]...

Scikit-learnのROC/AUCのy_predのスケールについて

SklearnのROC曲線/AUCスコアのy_pred側のスケールは実は0~1でなくてもよかったという話。0~1以外の値を放り込んでもちゃんと計算できるか確かめてみました。 公式ドキュメントを読むと SklearnにはA […]...

ディープラーニング=最小二乗法のどこがダメなのか解説する

あるニュース記事で、ディープラーニング=最小二乗法で三次関数なんていう「伝説の画像」が出回っていたので、それに対して突っ込みつつ、非線形関数という立場からディープラーニングの本当の表現の豊かさを見ていきたいと思います。 […]...

TPUでも大きなバッチサイズに対して精度を出す

TPUでは大きなバッチサイズを適用することが訓練の高速化につながりますが、これは精度と引き換えになることがあります。大きなバッチサイズでも精度を出す方法を論文をもとに調べてみました。 背景 Qiitaに書いたGoogle […]...

TPUで学習率減衰させる方法

TPUで学習率減衰したいが、TensorFlowのオプティマイザーを使うべきか、tf.kerasのオプティマイザーを使うべきか、あるいはKerasのオプティマイザーを使うべきか非常にややこしいことがあります。TPUで学習 […]...

Affinity LossをCIFAR-10で精度を求めてひたすら頑張った話

不均衡データに対して有効性があると言われている損失関数「Affinity loss」をCIFAR-10で精度を出すためにひたすら頑張った、というひたすら泥臭い話。条件10個試したらやっと精度を出すためのコツみたいなのが見 […]...