こしあん
2019-02-24

note開設のお知らせ

本日noteを開設いたしました。

https://note.mu/koshian2

これは自分の記事をより多くの方々に読んでいただき、新たな読者の開拓を図るためであります。
当面は既存の記事の再送を中心に考えていますが、いくつかnote向けに読みやすい新規の記事も考えています。好評なら新規の記事を比率を上げていくことも検討しています。

また、noteにはクリエイターサポート機能(いわゆる投げ銭)があるため、「いつもはQiitaやこのブログで読んでいるよ」という方や、「高性能GPUでディープラーニングしている記事読みたいぜ!!」という方もnoteのほうで投げていただければ大変励みになりますので宜しくお願い致します。

2019年 2月24日

Related Posts

ML Study Jamsを全部終わらせてきたのでその感想を書いてみる... ML Study JamsというGoogle Cloudが提供している無料の学習プログラムが期間限定でオープンしています。それを全部終わらせてきたのでその報告と感想を書いていきたいと思います。 ML Study Jamsとは Googleが提供している、Google Cloudを使った機械学習...
TensorFlow/Kerasでネットワーク内でData Augmentationする方法... NumpyでData Augmentationするのが遅かったり、書くの面倒だったりすることありますよね。今回はNumpy(CPU)ではなく、ニューラルネットワーク側(GPU、TPU)でAugmetationをする方法を見ていきます。 こんなイメージ Numpy(CPU)でやる場合 Num...
KerasのCallbackを使って継承したImageDataGeneratorに値が渡せるか確かめ... Kerasで前処理の内容をエポックごとに変えたいというケースがたまにあります。これを実装するとなると、CallbackからGeneratorに値を渡すというコードになりますが、これが本当にできるかどうか確かめてみました。 想定する状況 例えば、前処理で正則化に関係するData Augmenta...
Pythonでxy座標上の2点間の距離をforループを使わずに計算する方法... 機械学習でカーネル法やらクラスタリングをやっていると、何かと「2サンプル(点)間の距離」を計算することが多いです。ここではより一般的に「Pythonで2点間の距離をforループを使わずに行列(テンソル)計算として求める方法」を見ていきます。 動機 カーネル法やクラスタリングをしていると、ニュー...
TensorFlow/Kerasでの分散共分散行列・相関行列、テンソル主成分分析の実装... TensorFlowでは分散共分散行列や主成分分析用の関数が用意されていません。訓練を一切せずにTensorFlowとKeras関数だけを使って、分散共分散行列、相関行列、主成分分析を実装します。最終的にはカテゴリー別のテンソル主成分分析を作れるようにします。 何らかの論文でこれらのテクニックを...

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です