こしあん
2019-02-24

note開設のお知らせ

Pocket
LINEで送る

本日noteを開設いたしました。

https://note.mu/koshian2

これは自分の記事をより多くの方々に読んでいただき、新たな読者の開拓を図るためであります。
当面は既存の記事の再送を中心に考えていますが、いくつかnote向けに読みやすい新規の記事も考えています。好評なら新規の記事を比率を上げていくことも検討しています。

また、noteにはクリエイターサポート機能(いわゆる投げ銭)があるため、「いつもはQiitaやこのブログで読んでいるよ」という方や、「高性能GPUでディープラーニングしている記事読みたいぜ!!」という方もnoteのほうで投げていただければ大変励みになりますので宜しくお願い致します。

2019年 2月24日

Related Posts

Python(Numpy)で画像を水平反転する方法:Data Augmentation向け... OpenCVを使わずに単純に画像を左右反転(水平反転)する方法を考えます。ディープラーニングでデータのジェネレーターを自分で実装した場合、Data Augmentationを組み込む際にも必要になります。それを見ていきましょう。 左右反転自体は実は簡単 例えばNumpyの行列を左右反転させてみ...
条件に応じた配列の要素の抽出をTensorFlowで行う... Numpyで条件を与えて、インデックスのスライスによって配列の要素を抽出する、というようなケースはよくあります。これをTensorFlowのテンソルでやるのにはどうすればいいのでしょうか?それを見ていきます。 Numpyではこんな例 例えば、5×5のランダムな行列をデータとします。この配列を左...
Kerasで重みを共有しつつ、必要に応じて入力の位置を変える方法... Kerasで訓練させて、途中から新しく入力を作ってそこからの出力までの値を取りたいということがたまにあります。例えば、Variational Auto Encoderのサンプリングなんかそうです。このあまり書かれていないのでざっとですが整理しておきます。 こういうことをやりたい 言葉で書いても...
TensorFlow Data Validationを使ったお手軽で強力な探索的データ解析... 特にテーブルデータで、実際の分析に入る前に欠損値やデータの分布の把握といった、探索的データ解析(EDA)というのは重要なプロセスになります。TensorFlow Data Validationというツールを使うとそれがたった数行で簡単にできます。その方法を紹介します。 探索的データ解析(EDA)...
Kerasでメモリ使用量を減らしたかったらmax_queue_sizeを調整しよう... Kerasで大きめの画像を使ったモデルを訓練していると、メモリが足りなくなるということがよくあります。途中処理の変数のデータ型(np.uint8)を変えるのだけではなく、max_queue_sizeの調整をする必要があることがあります。それを見ていきます。 メモリサイズの目安 ニューラルネット...
Pocket
Delicious にシェア

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です