こしあん
2019-02-24

note開設のお知らせ

Pocket
LINEで送る

本日noteを開設いたしました。

https://note.mu/koshian2

これは自分の記事をより多くの方々に読んでいただき、新たな読者の開拓を図るためであります。
当面は既存の記事の再送を中心に考えていますが、いくつかnote向けに読みやすい新規の記事も考えています。好評なら新規の記事を比率を上げていくことも検討しています。

また、noteにはクリエイターサポート機能(いわゆる投げ銭)があるため、「いつもはQiitaやこのブログで読んでいるよ」という方や、「高性能GPUでディープラーニングしている記事読みたいぜ!!」という方もnoteのほうで投げていただければ大変励みになりますので宜しくお願い致します。

2019年 2月24日

Related Posts

PyTorchでDCGANやってみた PyTorchでDCGANをやってみました。MNISTとCIFAR-10、STL-10を動かしてみましたがかなり簡単にできました。訓練時間もそこまで長くはないので結構手軽に遊べます。 はじめに PyTorchでDCGANやってみました。コードはほとんどこの記事のコピペです。MNISTとCIFA...
TensorFlow2.0でDistribute Trainingしたときにfitと訓練ループで精度... TensorFlowでDistribute Training(複数GPUやTPUでの訓練)をしたときに、Keras APIのfit()でのValidation精度と、訓練ループを書いたときの精度でかなり(1~2%)違うという状況に遭遇しました。特定の文を忘れただけだったのですが、解決に1日かかった...
Spectral Normalization(SNGAN)を実装していろいろ遊んでみた... GANの安定化の大きなブレイクスルーである「Spectral Normalization」をPyTorchで実装していろいろ遊んでみました。従来のGANよりも多クラスの出力がかなりやりやすくなりました。確かにGANの安定化についてはものすごい効いているので、ぜひ皆さんも遊んでみてください。 ※ア...
Self-attention GAN(SAGAN)を実装して遊んでみた... 前回の投稿では、Spectral Noramlizationを使ったGAN「SNGAN」を実装しましたが、それの応用系であるSelf-attention GAN「SAGAN」を実装して遊んでみました。CIFAR-10、STL-10、AnimeFace Dataset、Oxford Flowerを生...
SA-GANの実装から見る画像のSelf attention 自然言語処理でよく使われるSelf-attentionは画像処理においてもたびたび使われることがあります。自然言語処理のは出てきても、画像のはあまり情報が出てこなかったので、SAGANの実装から画像におけるSelf attentionを見ていきます。 SA-GAN Self attention...
Pocket
Delicious にシェア

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です