月別: 2018年10月

TensorFlow/Kerasでグラム行列(テンソル)を計算する方法

TensorFlowで分散や共分散が絡む演算を定義していると、グラム行列を計算する必要が出てくることがあります。行列はまだよくてもテンソルのグラム行列はどう計算するでしょうか?今回はテンソルの共分散計算に行く前に、その前 […]...

Numpyの配列をN個飛ばしで列挙する簡単な方法

Numpyの配列から奇数番目、偶数番目の要素を取り出したいときが稀によくあります。インデックスの配列を定義する必要があるのかなと思いますが、とても簡単な方法があります。それを見ていきましょう。 基本は「::スキップしたい […]...

Kerasで複数のラベル(出力)があるモデルを訓練する

Kerasで複数のラベル(出力)のあるモデルを訓練することを考えます。ここでの複数のラベルとは、あるラベルとそれに付随する情報が送られてきて、それを同時に損失関数で計算する例です。これを見ていきましょう。 問題設定 MN […]...

Numpyだけでサクッと画像を拡大する方法

Numpyだけで画像をサクッと拡大する方法を紹介します。OpenCVやPillowを使うまでもないな、というようなときに便利な方法です。ニューラルネットワークでインプットのサイズを調整するときも使えます。 ただのNear […]...

Python(Numpy)で画像を水平反転する方法:Data Augmentation向け

OpenCVを使わずに単純に画像を左右反転(水平反転)する方法を考えます。ディープラーニングでデータのジェネレーターを自分で実装した場合、Data Augmentationを組み込む際にも必要になります。それを見ていきま […]...

Kerasで評価関数にF1スコアを使う方法

Kerasで訓練中の評価関数(metrics)にF1スコアを使う方法を紹介します。Kerasのmetricsに直接F1スコアの関数を入れると、バッチ間の平均計算により、調和平均であるF1スコアは正しい値が計算されません。 […]...

Kerasで損失関数に複数の変数を渡す方法

Kerasで少し複雑なモデルを訓練させるときに、損失関数にy_true, y_pred以外の値を渡したいときがあります。クラスのインスタンス変数などでキャッシュさせることなく、ダイレクトに損失関数に複数の値を渡す方法を紹 […]...